FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

通貨

FX(外国為替証拠金取引)の投資は各国の通貨ですね。取引を始めるには、どの通貨にするかを選ぶ必要があります。

FXは他の外貨投資に比べると、取扱いされている通貨の数が多いのが特徴です。FX業者によって違いはありますが、一般的に20種類前後あると言われているようです。たくさんあって、どの通貨にしたらいいのか悩むと思いますが、経験、知識があまりない初心者は米ドル(アメリカのドル)から始めるといいと言われているようです。米ドルは世界で一番取引量が多い通貨で、日本人にも一番馴染みのある通貨ですね。米ドルは現在の基軸通貨で、取引量が多いということ以外に情報量も多く安定した通貨と言われています。

通貨には取引量の多い「メジャー通貨」と取引量の少ない「マイナー通貨」があります。「メジャー通貨」には、米ドル、ユーロ、日本円の世界3大通貨と、英ポンド、スイスフラン、豪ドル、NZ(ニュージランド)ドル、カナダドルの「準メジャー通貨」があります。特に、米ドル、ユーロ、日本円の3つの通貨は世界の経済に大きな影響がある通貨で、トライアングル関係にあると言われています。どういうことかと言いますと、例えば米ドルが下落したらユーロや日本円にお金が流れて、日本円が下落したら米ドルやユーロにお金が流れる、という具合に3通貨の間を流れる傾向にあるそうです。

「メジャー通貨」「準メジャー通貨」以外の通貨を「マイナー通貨」といいます。マイナー通貨は取引される量が少ない通貨で、メジャー通貨の国に比べると比較的国力が弱い国の通貨です。南アフリカランドやトルコリラ、メキシコペソなどがあります。

FXのリスク

FXをやる以上、FXのリスクについても知っておいた方がよいと思います。投資にはリスクがつきものですよね。誰でも簡単に出来る、など言われていますが、FXも大事な財産をかけての投資です。

FXのリスクには、さまざまなことがあるようです。今回はそれらのうち、よく言われるリスクについてみていきます。

【為替変動リスク】為替相場の変動により発生する価格の差を為替差損益といいますが、利益になる場合を「為替差益」といい、損失がでる場合を「為替差損」といいます。この為替差損がでるリスクを為替変動リスクと言います。この時に、レバレッジを高く設定していた場合は損失が大きくなります。このレバレッジで損失を出すこともリスクの一つと考えられるようです。

【金利変動リスク】FXは為替差益の他に、通貨間の金利差を受け取り、利益とする方法があります。通貨間の金利差のことを「スワップポイント」といいます。このスワップポイントも金利水準の変動により、受け取りから支払いになる場合があります。このことを金利変動リスクと言います。

【流動性リスク】市場の状態によっては、自分の思い通りに通貨の売買が出来ないことがあります。このことを流動性リスクといいます。流動性とは通貨の売買のしやすさのことで、流動性が高いとは通貨の流通量が多く、売りたいとき、買いたいとき、いつでも取引が成立できる状態のことです。流動性が低いとは通貨の流通量が少なく、スムーズに取引きが出来にくい状態のことです。

【システム障害リスク】FXの取引きには、主にインターネット回線を利用して、パソコンで行います。インターネット回線の障害やFX業者のサーバートラブル、パソコンの不具合などさまざまなことで取引きが出来なくなるリスクのことをシステム障害リスクといいます。

FX 取引形態

FX(外国為替証拠金取引)の取引の方法には2種類あります。「店頭取引」と「取引所取引」といわれるものです。「店頭取引」とは取引所を通さないで、FX業者と投資家が直接取引を行う方法です。相対取引や非取引所取引とも言われます。「取引所取引」とは、FX業者を介して取引所と投資家が取引を行う方法です。現在は東京金融先物取引所が運営する「くりっく365」と、大阪証券取引所が運営する「大証FX」の2つがあります。「くりっく365」は2005年から、「大証FX」は2009年から運営が始まりました。

店頭取引は、取引所取引より手数料が安く無料の業者も多いようです。スワップポイントはFX業者ごとに違いがあるようですが、買いスワップと売りスワップでは差額があります。情報量の面では店頭取引の方が豊富なようで、取引ツールも充実している業者が多いようです。取引手数料が安いので、取引回数が多い短期投資型は、店頭取引の方が有利かもしれません。

取引所取引は、取引に手数料がかかります。スワップポイントは買いスワップポイントと売りスワップポイントが同額です。店頭取引業者の取引ツールに比べると、機能的に劣っていたり、使いづらい場合があるようです。公設取引所との取引なので、安全性は高いと言えると思います。

店頭取引、取引所取引のどちらにもメリット、デメリットがあるので、どちらが自分には合っているのかよく考えて選ぶようにした方がいいですね。

災害とFX

皆さんお久しぶりです。しばらく更新が滞っていてすみません。今回急に更新したのは、お察しの通り東日本を襲った巨大地震に関してのことです。今回の地震で被害に遭われた方の中には、FXをしていたという人もきっと少なくないと思います。FXをはじめて間もない人もいるでしょう。いまわたしにできることを考えたら、命が助かり、明日への希望が見えた方々に対し、FXという観点で情報を提供することではないかと思い、更新します。中には不謹慎だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、命が助かり、これからまた生活を立て直す以上、お金というのはとても重要なものです。今は不謹慎に思えるかもしれませんが、いつかきっと役に立つのではないかと信じて記事を書きます。今回の大地震で、日経平均先物が1万円を割るほど急落しました。今後、金融市場が急変することを起因とした経済被害も考えられます。FXに限らず、今後の動きをどうするべきか悩んでいる人も多いかと思います。参考として、阪神大震災当時の為替への影響に関するデータを簡単にまとめたいと思います。阪神大震災発生当日は、前日比70銭の円安(99円10銭)になった。その後は、円安でなくむしろ円高に推移する。元々円高の流れが強かったことや、日本の機関投資家などが海外資産を円に戻すなどの動きが影響したもので、この流れは震災発生の1月から、4月まで続いた。地震から3ヵ月後、79円で円高はストップした。背景に、バブル崩壊に影響されて金融機関の財務が悪化し、金融システムに不安感を持たれたことが多い。他に、地震の影響で経済的な悪影響が露になったからである。そこから一気に円安に反転し、約1年後には103円まで回復した。このデータが、皆さんのお役に立てば幸いです。

入門:FX用語作成中2

前にも言いましたが、私自身偉そうなことを言ってますがFX初心者です。FXに入門するにあたり覚える用語もたくさんあります。そこでブログに書くことによって自分自身が覚えることになり、みなさまにも知ってもらえる一石二鳥となります。よかったらこの機会に私と一緒に用語を覚えましょう!FXを入門する上で用語はたくさんありますが、一度覚えてもすぐに忘れてしまうことがあります。そんなときはこのブログに書かれていたことを思い出してください!今回とりあげるのはファンダメンタルズ分析とJASDAQです。

【ファンダメンタルズ分析】

FXにおいてのファンダメンタルズ分析とはその国の経済などから通貨の推移を予測することです。これとは別にチャートなどから推移を予測するのがテクニカル分析といいます。どっちがいいのという問題ではなくて、どっちも利用することがベストですね!人によってはテクニカルのみでFXをやる方も多いそうですが、ファンダメンタルズ分析をしっていれば・・・っというシチュエーションもあるそうです。

【JASDAQ】

JASDAQはジャスダックと読みます。ジャスダックは新興企業(ベンチャー企業)向けの上場市場です。他の市場にくらべて上場基準が緩めなことから、新興企業が多く上場しています。ハイリスクハイリターンを狙ってそのような企業に多額の投資をしている方もいるそうです。他にもマザーズやヘラクレス(元ナスダックジャパン)などが知られています。

入門:人気業者ランキング

FX入門なら業者を知らなくては始まらないだろう!
ということで、いくつかの業者をピックアップしてみました。
FX業者は本当に数多くあるので、それら全ての特徴を挙げるとなるとキリがないですが、今回はとりあえず人気のところを集めてみます。

【外為オンライン】
最近スプレッド固定化宣言をしており、人気を集めている業者です。
例えば、ドルと円のスプレッドは1銭から。
ポンドと円のスプレッドも比較的低く設定されています。
また、取引手数料が無料なのも嬉しいところ。
ちなみに「外為オンライン」の名に付いている「外為」とは「外国為替」の略ですよ。

【サイバーエージェントFX】
サイバーエージェントの子会社であるこちらも、取引手数料が無料、ドルと円のスプレッドも1銭からと低くい業者です。
やはり手数料無料で低スプレッドの業者が人気があるということがよく判るランキングですね(笑)
こちらの特徴としては、fxのスワップが高めとなっていることでしょうか。

【クリック証券(クリックFX)】
ダウンタウンの松本さんでお馴染みの業者です。
芸能人を起用しているだけに、信用のおける業者かと。
取引手数料は当然のように無料となっていますが、そればかりかスプレッドがどの通貨ペアにおいても業界最小となっているので、人気が高いのも頷けますね。
短期売買派にお勧めの業者です。

【MJ「Spot Board」】
取引手数料は無料、スプレッドはドルと円の場合1銭から。
上の業者と比べるとこれらは平均的ですが、こちらはレバレッジに特徴あり。
MJのレバレッジは業界最高で、なんと最大で400倍にものぼります。
こちらも短期売買派にお勧めですよ。

入門:損切りの重要性

以前、FXや外国為替の初心者にありがちなミスとして、損切りができないということをお話ししました。
今回はその損切りについて、つっこんで述べてみたいと思います。

損切りというものは、その呼び方からしてFX入門にあたって不吉な感じがしますよね。
まぁ、損切りとは損失を確定してしまうことですから、受け入れがたいことではあります。
損失を確定するとはどういうことかというと、損益が生じると判った時点で利益を諦めてしまうことですからね。
FX初心者の場合、この損益をなんとかして利益に変じさせられないかと粘ってしまうがために、さらなる損益を生じさせてしまうのが、ありがちなミスの理由。

株においても株初心者が損きりできないのは全くこれと同じ心理だといっていいでしょう。

ですが、割り切るべきなのが、FXに限らず投資は少なからず損をするものだということ。
いつもいつも毎回勝ち続けることは、よほど運が良くないかぎり不可能なのです。
大切なのは、生じた損益を拡大させないこと。
それがすなわち損切りです。

迷いなく損切りを行うのは、人間の深層心理上難しいことかもしれませんが、できないことではありません。
方法としては、ここまで下がったら損切りする、というポイントを決めておくとよいでしょう。
落ちるところまで落ちてしまうのを避けられますし、素早く判断することで次の取引を始めるのも早くなります。

この損切りの大切さは、こうして語っているだけの私より、実際に経験したことのある人の方が心得ているかもしれませんね。
人間は何事においても失敗してから実感するものですから。
でも、外国為替に入門するならなるべくのことあまり大きな失敗はおかしたくないものですねぇ・・・

入門:投資スタンスを決めよう

FXの方法にはいくつか種類があります。
いわゆる投資スタンスというものです。

FX初心者の皆さま、ご自分の投資スタンスについてはお考えですか?
よもや投資スタンスも決めずにFXに入門しようなどと思ってはいませんか?
FXだってスタンスをしっかりと定めておかなくては、向かうべき方向性を見失ってしまいますよ。

では、投資スタンスにはどういった種類があるのでしょうか。
今回はそれらについて述べてみます。

投資スタンスとは、言いかえれば投資期間です。
もちろんそれが全てではありませんが、投資スタンスのいくつかは短期・中期・長期のどれかに分類されます。
投資スタンスを定めることによって何が影響してくるのかというと、選ぶべき業者が違ってきます。
たとえば、短期売買の中でもデイトレードを考えている場合は、為替差益が狙い目となりますのでスプレッドが低い業者を選ぶと良いでしょう。
逆に長期売買を考えているのであれば、為替差益とFXスワップポイントの両方を考慮しなくてはなりますので、スプレッドよりもスワップポイントを重視し、また倒産の心配がない業者を選ばなくてはなりません。

ご自分がFXに入門したときに短期と長期のどちらを行えるのかは、可能なチェックの頻度から考えてみると良いでしょう。
まめにパソコンでチャートをチェックできるなら短期、パソコンに向かう時間をあまりとれないなら長期、といった具合に。

入門:FX用語集作成中

偉そうにFX入門と称してこのブログを書いている私ですが、私自身もFXに入門して間もない初心者です。
しかし、だからこそ同じ初心者に対して説明できることがあるだろうと行っているのが、このFX入門ブログです。
FXに入門する前も入門した後も、私は勉強を怠ってはいませんよ。
むしろこのブログを始めてからというもの、ますますFXについて勉強するようになっている気がします。
まぁ、FX初心者が入門できるようにと考えて行っているブログですからね。
間違いがあってはなりません。

そんな私、最近では個人的にFXに関する用語集を作成しています。
今回はその用語集から一部を抜粋してみたいと思います。
FXや外国為替や取引に関する用語はいろいろとありますが、まずはこれまでの話で出てきたものや基本的な用語をご紹介。

FX初心者ゆえ間違っていたらすみません・・・
・・・いえ、間違いのないよう気を付けます!!

【FX】
FXの用語なんだからまずFXについて知らなきゃ意味がないだろう!ということで、まずはこれです。
略語なので、なんのことやらさっぱりという方も多いでしょう。
私自身も、FXに入門するまでは全くその意味を知りませんでした。
FXとは「Foreign Exchange」の略で「外国為替証拠金取引」という意味です。

【スワップポイント】
前回までこれで稼ぐことについて話していましたね。
スワップポイントとは、通貨間に生まれる金利差を指します。

【レバレッジ】
自己資金を基準とした、運用や投資の可能倍数です。

【スプレッド】
売値と買値の差額のことです。
取引業者にとっては利益であり、我々FX初心者にとっては損益となる場合もあり・・・

入門:スワップポイントは稼げるか

前回述べました、スワップポイントで稼ぐという比較的確実性の高いFXの方法・・・
こんな秘訣を知ってるんだから、入門したての私もさぞかし稼いでるんだろうとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。

実のところどうかと思いきや、自分で確実性が高いと紹介しておいてなんですが、私はあまりこの方法を使ってはおりません。
というのも、スワップポイントで得られる利益はそれほど多くはないのですよ。
一気にたくさん稼ぎたい方にとっては雀の涙のように感じられることでしょう。
私自身、一攫千金を狙っているわけではありませんが、スワップポイントはあくまでもおまけだと割り切っています。

とはいえ、コツコツ派にとっては塵も積もれば山となる魅力的な方法かもしれません。
うまくこの方法を駆使すれば、充分生活費の足しになることでしょう。
為替変動のリスクが怖い方にとっても、スワップの方が幾分か安心できることと思います。

なので、メインの方法には成り得ないかもしれませんが、外国為替の初心者やFXに入門して間もない方はこの方法からFXに慣れて行くのもよいかもしれませんね。
為替変動にあまり左右されず、しかし為替変動にも注意がいきます。
取引の要領がつかめないうちは、少しずつFXを齧るように行っていくとよいでしょう。

ちなみに、私はスワップポイントをメインとはしていませんが、ごくたまにスワップポイントに頼ることもあります。
そのときに得た利益に魅力を感じつつも、なるべく本格的にFXに入門すべく・・・やっぱりスワップポイントに助けられています(笑)

経済